青髭対策、みんなはこんな対策してた!?

青髭対策、みんなはこんな対策してた!?

毎日丁寧に髭剃りをしているのに、青くヒゲが残ってしまうことはかなり気になる問題です。青髭対策をしたいのだけれども、どうやってやったらいいかわからないって人は多いんですね。そこで、なぜ青髭になってしまうのかについての原因と具体的な対策方法をご紹介します。

 

まず、なぜ髭は青くなってしまうのかという原因ですが、髭というものは密度が濃い、太いという特徴があり、さらに毛穴の深い場所から生えているためなのです。どんなにカミソリやシェーバーを当てても、毛穴の奥深くまで髭は剃ることができません。肌の奥に生えている毛が透けている状態が青髭なんですね。さらに、顔の皮膚は体よりも薄いので、肌の色が白い人ほど透けて見えやすくなってしまいます。

 

肌から透けて見える髭を目立たなくするための対策方法は、【日焼けする】【メイクをする】【脱毛する】【抑毛剤を使う】の4つになります。

 

手軽にできる方法としては、日焼けすることをお勧めします。肌の色が濃くなることで青っぽさが目立たなくなります。ただし、注意点として紫外線の影響を受けるので肌にシミができてしまう、敏感肌の人はやけど状態になってしまうなどがあります。特に肌の色が白い人ほどシミができたりやけど状態になってしまいます。また、日焼けをしても肌が赤くなるだけだという人にはおススメの方法ではありません。

 

次にメイクでカバーしてしまう方法です。赤みの強いコンシーラーやファンデーションなどで青髭を隠してしまう方法です。結構厚めに塗らないとカバーできないので、メイクをしていると周りの人に知られてしまう可能性があります。最近は男性でもファンデーションを薄くつけているって人は多いのですが、厚塗りにだけは注意しましょう。

 

毛抜きで抜く、髭脱毛に通うなどの方法があります。ただし、毛抜きで抜くと肌に刺激があるのでニキビや吹き出物の原因になってしまいます。しかも次に髭が生えてくる時に肌に埋没してしまうので、逆に青髭が目立つなんてこともあります。髭脱毛は、メンズサロンなどで光脱毛で脱毛していく方法です。1〜2年ほど時間がかかってしまう、コストがかかることが気にならない場合は通ってみる価値はあります。

 

抑毛剤を使う方法ですが、一番安全性、コスト面で見てもおススメの方法です。ゼロファクターなどの抑毛剤は、より深く剃ることができるので青髭対策にお勧めですし、ローションはスキンケアと抑毛対策を兼ねているので、使い勝手がとても良いと評判ですよ。

 

TOPページ???